ムダ毛処理・脱毛
 
こっそり行なうムダ毛処理・脱毛TOP
抑毛剤でムダ毛抑制
脱毛クリームは良いの
脱毛ワックスは
結局脱毛?
脱毛にも注意が必要
指のムダ毛処理の注意点
脇毛の毛抜きは危険
脚のムダ毛処理で毛穴がボツボツ!
ムダ毛とホルモンバランスの関係
ムダ毛処理でできた黒ずみはなおせる?
毛抜きでひげを一本一本抜く



毛抜きでひげを一本一本抜くのはNG?潜むデメリットとは


女性で、ひげの部分の産毛をご丁寧にも1本1本毛抜きで抜いている、という人も稀にいます。
このご時世で、脱毛器や優れたシェーバーがあるにも関わらず、毛抜きでケアするのは何故なのでしょうか?

それも分からなくはありません。
毛抜きで抜くと、その部分はつるつるになり、肌触りがよくなりますから、完全脱毛したように見えます。
それに次に生えてくる毛の期間が長くなるので、お手入れの回数が減ります。
しかし毛抜きでのひげケアはあまり良いものではありません。

ひげを抜くデメリットとして、濃い毛は抜きやすいが、産毛などふわふわした毛はなかなか抜けないというものがあります。
抜き残しなどができるとそれこそ不自然ですから、やはり毛抜きはあまり多用しないほうが良いでしょう。

さらに埋没毛という恐ろしい事態になりかねません。
埋没毛というものを知っている人もいるかもしれませんが、
毛が皮膚の再生よりも遅く再生され、皮膚の中で渦巻いてしまう状態を言います。
毛抜きで毛を抜くと大概、このような埋没毛が現れます。
ひげの部分にそんな埋没毛ができると、黒くうずまいた毛がダイレクトに見えてしまうので、かなり恥ずかしいものです。
それを引っこ抜こうとして皮膚の中から無理やり引っこ抜くことで、
さらに埋没毛の可能性を高めてしまい、肌も傷つけることになりますから、毛抜きでのデメリットは大きいと感じられます。

また女性には嫌な響きの色素沈着というものが起こる可能性もあります。
頻繁にひげを抜いてばかりいると、その部分だけ赤みが残り、
赤黒く変色してしまい、ターンオーバーが正常に働かなければ、
そのまま色素沈着してシミのようになってしまう可能性だってあります。

ですから毛抜きでひげを抜くなんて行為はもってのほかです。
定期的にひげを抜いている人は今すぐにでもストップして、
シェーバーなり、カミソリなり、安全な方法にチェンジしましょう。
最近ではひげに特化した女性用のシェーバーが販売されていますから、
一度家電ショップに足を向けてみましょう。
多種類ありますから、試しに店頭で剃ってみると良いですよ。






Copyright(C)  こっそり行なうムダ毛処理・脱毛 All Rights Reserved.