ムダ毛処理・脱毛
 
こっそり行なうムダ毛処理・脱毛TOP
抑毛剤でムダ毛抑制
脱毛クリームは良いの
脱毛ワックスは
結局脱毛?
脱毛にも注意が必要
指のムダ毛処理の注意点
脇毛の毛抜きは危険
脚のムダ毛処理で毛穴がボツボツ!
ムダ毛とホルモンバランスの関係
ムダ毛処理でできた黒ずみはなおせる?
毛抜きでひげを一本一本抜く



ムダ毛とホルモンバランスの関係


ムダ毛の量には個人差があり、
体毛は、性別問わず誰でも生える毛とそうでないものがあります。

眉毛やまつ毛、頭髪、ワキ毛やデリケートゾーンなどの毛は男女問わず発毛します。

そしてそれとは違い、男性毛といって男性ホルモンが関わって発毛するものがあり、
ひげや胸毛、手足、おへそまわりや背中など主に男性に発毛が多いものです。

ストレスにより自律神経が乱れてしまうと、
ホルモンバランスが崩れ男性ホルモンの分泌が増えることがあります。

産まれもった体質や遺伝で、人よりムダ毛が多い場合もありますが、
顔の産毛やヒゲが急に気になりだした方は
ホルモンバランスが崩れているのかもしれないということを頭に入れておいてください。 また、肥満気味の方も男性ホルモンの分泌を増加させてしまうので
ムダ毛が生えやすくなってしまいます。

遺伝はともかく、ホルモンバランスによるムダ毛は
日々の食生活である程度は改善できます。
まず、豚や牛肉の赤身や牡蠣、長ネギ、ニンニク、ニラなどの
食べ物は男性ホルモンの既成を促進します。
他にも精白米や甘い食べ物、ジャガイモ、人参、小麦粉食品やジュースなどの
GI値の高い食べ物は男性ホルモンの分泌を活発にします。

なのでこれらを過剰に摂取していると体毛が濃くなってしまうといわれています。

では、ムダ毛を薄くすることができるといわれている食品の例を挙げます。

まずは豆腐屋味噌、納豆、豆乳などの大豆製品です。
他にも、低GI値食品が良いとされています。
低GI値食品はひじきやさつまいも、海藻類、青魚、鶏肉やヨーグルトなどです。
これらの食品を意識して食べることにより体毛増加を防ぐことができます。

だからといって無理をしすぎるのもストレスになってしまうので良くありません。
生活習慣の乱れ、喫煙などもホルモンバランスを崩す原因となります。
極端に偏りすぎず、無理のない範囲で食生活や生活習慣などを見直してみてはいかがでしょうか。






Copyright(C)  こっそり行なうムダ毛処理・脱毛 All Rights Reserved.